ナオッカニュースまとめ

笑える話題やニュースなど、生活系まとめブログです。話題のニュース、ネタ、浮気、不倫、恋愛、悩みなどをまとめています。

    マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    shisa-787031_640


    1: ■忍法帖【Lv=19,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/03/12(月)16:37:28 ID:???
    ◎記事元ソース名/<社説>中山石垣市長3選 「日本一幸せ」の実現を

    2018年3月12日 06:01
     石垣市長選は現職の中山義隆氏=自民、公明、維新推薦=が新人2氏を破り、3選を果たした。

     防衛省が市平得大俣で計画を進めている陸上自衛隊配備が最大の争点だった。政権与党の推す中山氏が当選したからといって、
    市民が陸自配備計画に賛成したことにはならない。強引に配備計画を進めることは厳に慎むべきだ。

     中山氏は陸自配備計画について「国際情勢を踏まえると、抑止力として南西諸島に配備したいという考え方は理解できる。
    配備予定地周辺住民の反対もあるので、そういった声を聞き、防衛省・国と協議を重ねた上で最終的な判断をしたい」との
    姿勢である。選挙戦でも賛否を示さなかった。

     中国公船の尖閣諸島周辺への領海侵入などへの危機感から陸自配備計画に賛成する市民がいる。
    その一方で、配備が計画されている平得大俣周辺4地区住民を中心に反対意見も根強い。
     陸自配備計画に唯一反対した宮良操氏=社民、共産、社大、自由、民進推薦=が9526票を獲得したことも、中山氏は最終判断する上で重視する必要がある。
     「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」は昨年9月、陸自配備に反対する市民の署名を中山氏に提出した。
    中山氏は「大変多くの皆さんが署名したことは重く受け止めたい」と述べていた。その姿勢を堅持してほしい。

     中山氏がテーマとする「日本一幸せあふれるまち石垣市」に、地対艦誘導弾・地対空誘導弾部隊の配備が
    ふさわしいのかも慎重に検討してもらいたい。
     中山氏の当選は、その行政手腕を市民が高く評価した結果といえよう。(中略)

     好調な八重山観光だが、観光客の「量」から「質」への転換や年間を通した観光客数の平準化などが大きな課題である。
     中山氏は新石垣空港の2500メートル滑走路化、国際的な観光地化のほか、通訳の育成や多言語対応の推進、
    クルーズ船用岸壁の早期実現などを公約に掲げた。課題に対する的確な政策に加え、2期8年の実績が公約実現の
    期待感を市民に抱かせたといえよう。

     そのほか、ヤギや豚などの特産品ブランド化、大会などで沖縄本島に渡る児童生徒らの宿泊施設や郷友会活動の拠点となる八重山会館建設、ひとり親世帯支援拡充などの実現も市民と約束した。
     いずれも市民生活にとって重要な政策である。中山氏に着実な実現を期待したい。

    琉球新報/3月12日
    https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-680678.html

    【【りゅうきうしんぽう】《社説》 政権与党の推す中山氏が当選したからといって、市民が陸自配備計画に賛成したことにはならない。[H30/3/12]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fake-2355686_640


    1: ■忍法帖【Lv=18,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/02/27(火)13:24:48 ID:???
    ◎記事元ソース名/ネットメディアの信頼向上に向け団体設立へ、ガイドライン設定を目指す

    フェイクニュースが社会的な課題となる中、インターネット情報の質向上を目指そうと(仮称)インターネットメディア協会(JIMA)
    の設立準備に向けた記者会見が2月26日、東京都内の講談社で行われました。
    発起人9人を代表し、古田大輔BuzzFeed Japan創刊編集長が「(DeNAの)ウェルク事件、アメリカ大統領選における
    フェイクニュースの議論などを受け、我々自身が主体的に行おうと1年以上前から有志で議論してきた。
    コンテンツプロバイダやプラットフォームすべてを対象にしている」と経緯を説明しました。

    「グーグルやフェイスブックの感触はどうか。ビジネスの側面もあるので、プラットフォームと対峙することもあるのではないか」
    との質問に対して、古田創刊編集長は「具体的な社名はご迷惑がかかるかと思うが、ネットメディアの時代にプラットフォームが
    果たす役割が非常に大きい。議論に参加してもらいたい」。マスメディアの参加が毎日新聞1社だったことについて
    「ネットでは、新聞社、テレビ局、出版社が発信している情報が読まれている。ぜひ入って頂きたい」と回答しました。

    JIMAでは、発起人で事務局を整備し、6月ごろまでに正式に協会を立ち上げる予定です。
    協会は、インターネット上での情報発信の参考になるガイドラインを設定し、加盟団体が尊守することで、
    インターネット情報の質やネットメディアの信頼性向上を目指すとしています。会見を行った発起人、それぞれのコメント、
    質疑は以下の通りです。
    発起人(50音順)

    ・小川 一(おがわ はじめ) 毎日新聞取締役・編集編成、総合メディア戦略担当
    ・長田 真(おさだ まこと)DIGIDAY[日本版] 編集長
    ・工藤 博司(くどう ひろし)J-CASTニュース編集委員
    ・阪上 大葉(さかうえ ひろは)現代ビジネス 編集長
    ・竹下 隆一郎(たけした りゅういちろう)ハフポスト日本版 編集長
    ・藤村 厚夫(ふじむら あつお)スマートニュース株式会社 執行役員 メディア事業開発担当
    ・古田 大輔(ふるた だいすけ) BuzzFeed Japan創刊編集長
    ・楊井 人文(やない ひとふみ)GoHoo(ゴフー)編集長
    ・山田 俊浩(やまだ としひろ)東洋経済オンライン編集長

    各発起人からのコメント(抜粋)

    小川「フェイクニュースが地球を覆い尽くすような時代になるとは思っていなかった。フェイクニュースは社会を根底から腐らし、
    時代を根底から揺るがすもので、中世のペストに匹敵するパンデミックではないか。一社だけではダメで、
    メディアが連帯することで状況を変えることができる」

    竹下「フェイクニュースという言葉は、アメリカトランプ大統領の攻撃、ロシアによる国家的なプロパガンダにより、
    メディアの言葉から政治の言葉になっている。
    フェイクニュースという言葉を、ネットを良くしていくための言葉として取り戻していく必要がある」

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/藤代裕之 | ジャーナリスト
    2/26(月) 15:02
    https://news.yahoo.co.jp/byline/fujisiro/20180226-00082061/

    【【マスコミがフェイクニュースを監視】毎日新聞・小川一「フェイクニュースは社会を根底から腐らし、時代を根底から揺るがすもので、中世のペストに匹敵するパンデミック」[H30/2/27]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hanzai_kids_yukai


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/20(火)14:13:38 ID:0mG
    上級国民へのヘイト溜まってんなー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00050000-yom-soci

    【「アルマーニか」銀座の小学生に嫌がらせ相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fire-3009953_640


    1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/28(日)08:26:07 ID:???
    ◎記事元ソース名/首相平昌出席へ 溝を乗り越える対話を

     安倍晋三首相が来月、韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に参加し、日韓首脳会談を行う意向を表明した。
    両国の間には慰安婦合意に関する溝があるが、率直な意見交換で対立を減らしてほしい。
     韓国政府は今月、二〇一五年暮れに日韓両政府がまとめた従軍慰安婦を巡る合意について、新方針を発表した。

     朴槿恵(パククネ)・前政権が結んだ合意は維持するものの、合意内容を否定するという矛盾が目立つ、理解しにくい内容だった。
    安倍政権は反発して韓国側に抗議、合意の順守を求めてきた。
     こういう状況の中で安倍首相が五輪出席を見送れば、「スポーツに政治対立を持ち込んだ」と批判されるだろう。

     二〇年には東京五輪が控えている。北朝鮮への対応では、韓国との協調が欠かせない。
     さらに日本は、東京での日中韓首脳会談の早期開催を目指しており、今回の訪韓は、開催実現への一助となるはずだ。

     政治は政治として、開会式出席を決めたのは当然といえる。

     昨年日本政府は、韓国南部、釜山の総領事館前に慰安婦少女像が設置されたことに対抗し、駐韓日本大使を約三カ月間帰任させ、
    外交圧力をかけたことがある。
     しかし、少女像移転は実現しなかったことを忘れてはいけない。

     文在寅(ムンジェイン)大統領に直接会って、日本側の考え方を伝えることこそ、問題をこれ以上こじらせないための知恵といえる。
     文大統領は、日韓合意について「全て誤り」「日本が誠意を尽くして謝罪することが完全な解決と考える」と語っている。(略)

     国と国との約束は当然守るべきだが、といって「合意は一ミリも動かさない」(菅義偉(すがよしひで)官房長官)という
    かたくなな姿勢はどうか。

     女性の人権についての問題は、国家間の合意だけでは解決できない精神的な面もある。

     安倍首相は、一五年の日韓合意の中で、慰安婦の女性たちに「日本国の首相として心からおわびと反省」を表明した。
    これを首脳会談の席で再確認してはどうか。(以下略)

    東京新聞/1月25日
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018012502000171.html

    【【東京新聞】《社説》安倍首相は、(日韓首脳会談の席で)慰安婦の女性たちに「日本国の首相として心からおわびと反省」をすべきだ。[H30/1/28]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fake-1903774_640


    1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/26(金)09:57:33 ID:???
    日本の代表的な通信社が1月25日、京大の山中教授について言及した記事で「印象操作ではないか」と批判されて炎上、記事を訂正した。

    山中伸弥所長は京都大iPS細胞研究所の論文で不正があったとして、
    1月22日に記者会見し「所長として非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる」と謝罪していた。

    その後、共同通信は1月25日14時ごろ、「山中氏、科学誌創刊に深く関与か 京大、iPS研の論文不正発表」との見出しの報じた。

    当初、共同通信は以下のように報じた。
    --------
    京都大iPS細胞研究所の研究不正で、問題の論文を掲載した米科学誌ステム・セル・リポーツの創刊に、
    当時、国際幹細胞学会の理事長を務めていた山中伸弥・研究所長が深く関わったことが25日、分かった。

    この論文の審査に山中氏は関与していないとみられるが、現在も編集委員の一人となっている。
    一般的に科学誌の論文審査制度に対しては、不正を見抜く仕組みが不十分だとの声もある。
    --------
    学者が科学専門誌の創設に編集員として関わること自体は特段、珍しいことではない。
    専門誌の編集委員は審査員からの審査結果に基づき論文の掲載可否を判断する。

    そして共同通信自身が当初の記事内で研究所のコメントとして紹介しているように
    「科学誌の編集委員は通常、所属する研究機関の論文の審査には関与しない」。

    そのため見出しの「山中氏、科学誌創刊に深く関与か」と「京大、iPS研の論文不正発表」の間には直接の関連性がない。

    まるで山中氏が不正発表に関わっていたと誤解させるような記事の見出しに批判が殺到した。(中略)

    共同通信は1月25日20時45分、訂正などの注釈は付けずに該当記事を「山中所長が給与全額寄付 京大iPS研、論文不正」に差し替えた。

    dialog-news/1月25日
    https://dialog-news.com/2018/01/25/kyou-me/

    関連記事
    >共同通信さん、京大iPS研の論文不正に山中伸弥所長が関わっているかのような記事を公開し非難轟々→しれっとタイトル&内容改変
    https://togetter.com/li/1193209

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 80◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516414971/

    【【炎上】共同通信が炎上、京大の山中教授の記事で「印象操作」との批判 [H30/1/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ