ナオッカニュースまとめ

笑える話題やニュースなど、生活系まとめブログです。話題のニュース、ネタ、浮気、不倫、恋愛、悩みなどをまとめています。

    韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rice-2811266_640


    1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2018/02/07(水)21:15:11 ID:tDD
    納豆市場が急拡大 ヘルシー志向の高まりで=韓国

    近年のヘルシー志向の高まりを追い風に、韓国で納豆の販売が急速に伸びている。

    調査会社などによると、2017年の韓国の納豆市場規模は325億ウォン
    (約32億4000万円)ほどと推定され、14年に100億ウォンを
    突破してから3年で300億ウォンの大台に乗った。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/06/2018020600936.html

    朝鮮日報日本語版 聯合ニュース 2018/02/06 11:01

    【【国際/経済】韓国の納豆市場が急拡大 ヘルシー志向の高まりで[18/02/06]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    snow-708859_640


    1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/31(水)07:19:39 ID:???
    韓国で教える「韓国戦争?」これ韓国人の歴史認識? なるほどこれで韓国人の言動が全て理解できました

    【韓国】 韓国の小中高教育では「朝鮮戦争」と呼ばない⇒ 日本と戦った「韓国戦争」と教えている

    韓国では北朝鮮と戦った1950年6月25日~1953年「朝鮮戦争」は一切教えていない。
    理由は同じ朝鮮民族同志で戦う理由など存在しないと教え込む学校教育と嫌憎日ヘイト教育方針からきています。

    では1950年6月~1953年の戦争はどのように教育してきたのでしょうか。
    驚くことに、この戦争は日本と戦って戦勝国となった「韓国戦争」と教えています。
    国連軍の米英仏連合国が「日本」と戦い韓国から追い出した戦争と教えています。
    これについて質問すると高校生や大学生、40代の社会人に聞いても同じような回答が返ってきます。

    それでは「韓国戦争」とはどうゆう内容なのか簡単に紹介しましょう。現在韓国の小中高学校教育で教えている事をそのまま説明します。

    1、朝鮮半島で同じ民族同志で殺し合う戦争など無かった。北と戦った朝鮮戦争は教えていない。
    2、1945年8月15日に日本は負け、満州の日本軍がソ連軍に追われて朝鮮半島に侵入して韓国を占領した。
    日本軍は婦女子まで銃を持って侵入して、韓国人を虐殺し悪逆非道の限りを尽くし韓国を占領し居座りつづけた。
    3、1950年6月25日に「韓国戦争」が始まり、朝鮮半島から日本軍を追い出す戦争が「韓国戦争」。
    米英仏韓の国連軍が侵略者の日本軍を朝鮮半島から追い出し、韓国が勝利した戦いが「韓国戦争」と教育している。
    4、北朝鮮はソ連軍と中国軍が北朝鮮から日本軍を追い出した。中国軍と韓国軍は「韓国戦争」で供に戦った同志戦友と教えている。
    5、慰安婦とは、日本が「韓国戦争」の時に20万人を強制連衡してジープに乗せて売春させていた。
    6、1945年8月15日とは、日本が戦争に負けた日で韓国の建国記念日と教えている。
    植民地支配から8月15日の独立の前後経緯は、「韓国戦争」に続く話につじつま合わないので教えていない。
    7、竹島は1950年6月~「韓国戦争」で日本を追い出し取り戻した島と教えている。
    8、北朝鮮と1964年に国境紛争が発生したが、同じ民族で殺し合う大きな戦争にならず。また一度も北朝鮮とは戦争していない。
    同じ民族同志で戦争する理由も無いと教えています。
    9、日韓条約は過去の植民地支配の謝罪、賠償条約で、韓国の立場はこの条約を基本にしてる。
    10、韓国は戦勝国で、国連設立に参加した当事国で最初の国連加盟国であると教えている。

    この歴史感は40代の韓国人に共通した歴史認識として教育されており、韓国の小中学校で週3~6時間この教育をしています。
    韓国民は疑いもなく日本を恨むように歴史感が教え込まれています。

    韓国人28歳の米国留学生に聞いても同じように答えます。米国英文資料の朝鮮戦争について、
    「これはウソだ!デタラメが書れている!」と怒ります。「なぜ米国は日本を擁護して嘘を書くか!」。

    (以下略)

    詳しくは、
    歴史発見.JP/2017年1月28日
    http://history.hakken.jp/2017/01/28/%e6 %e9%ae%ae%e6%a6%e4%ba%e3%af%e3%8c%e6%a5%e6%ac%e3%a8%e6%a6%e3%a3%e3%9f%e3%8d%e3%a8%e6%99%e3%88%e3%89%e3%8c%e3%9f%e5%b0 %e4%b8%ad%e5%ad%a6/

    【【嘘、洗脳教育】朝鮮戦争は「日本と戦った」と教えられた小中学生・大人がほとんど・・・韓国の嫌憎日ヘイト教育 [H30/1/31]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hand-819279_640


    1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/30(火)20:39:04 ID:???

    ◎記事元ソース名/日本は韓国の友人になれるか

    【新刊】イ・ドンシク著『友人になった日本人』(ナヌム社)

     日本は友人になれるのだろうか。朝鮮陶磁器の研究に生涯を…(以下略)


    朝鮮日報/1月26日
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/26/2018012601839.html?ent_rank_news

    【【朝鮮日報】 日本は韓国の友人になれるか? [H30/1/30]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hikouki_kinai_student


    1: ■忍法帖【Lv=16,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/01/28(日)10:00:57 ID:???

    ◎記事元ソース名/<台湾>日本からの修学旅行トップに 10年前の11倍超

     修学旅行で日本から台湾に行く高校生が10年前と比べ11倍超に急増し、海外の修学旅行先で米国を抜いてトップに立った。
    親日的で治安が良いうえ、地方都市の航空路線が急激に増えて利便性が高まったことが背景にあるようだ。
    対照的に中国や韓国への修学旅行は急減しており、外交問題が影響している可能性がある。【台北・福岡静哉】

     毎年調査している「全国修学旅行研究協会」(東京都)が26日、2016年度分のデータをまとめた。
    旅行先で台湾は262校4万1878人、米国(ハワイ、グアム、サイパンを含む)は254校3万6661人だった。
    台湾は06年度の3552人と比べ約11.8倍となった。校数、人数とも台湾が1位になるのは初めて。
    同協会の木田一彦・国際担当部長は「親日的で治安も良いのが人気の理由。旅費が安価な点も大きい」と指摘する。

     台湾の人気上昇の背景には、航空便の急増もある。日本と台湾は11年、路線や便数の制限を原則撤廃する協定を締結。
    国土交通省によると、直行便の就航都市は10市から19市へ、旅客便数も週225便から同592便へと急増した。
    15年に直行便が就航した熊本県教委の担当者は「台湾は海外修学旅行の主流だ」と話す。

     一方、韓国への修学旅行は06年度2万3197人から16年度3246人と約7分の1に激減した。

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/1/27(土) 17:05配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000049-mai-cn

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 80◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516414971/

    【【修学旅行】 韓国への修学旅行は約7分の1に激減 →→→台湾への修学旅行は11倍超 [H30/1/28]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    south-korea-2934220_640


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/25(木)19:38:08 ID:xzW
    昔の韓国「せや!適当に理由つけて日本を嫌うことで民衆まとめたろ!」

    韓国人「なに!?日本はそんなに悪い国なのか!日本叩いたろ!」

    昔の韓国「ふぅ~やっとまとめあげられたわ」



    ネトウヨさん「韓国は反日国!世界一劣ってる!」


    今の日韓の対立ってこんなかんじちゃう?

    【昔の韓国「くっそ!民衆まとめられへんやんけ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ